保険給付内義歯として最も多く使用されているタイプで、床の部分はアクリルレジン樹脂で製作しています。アクリルレジン樹脂は衝撃に弱いので、壊れにくくするように床の厚みをとらなければならないので、口腔内の違和感が大きく発音の妨げになることもあります。